星野輪業

045-370-9180
MENU

ブログ

2021.01.11

ゼロポイントシャフト

ゼロポイントシャフトの写真1

どうもです。

気になる部品がありまして…

ゼロポイントシャフト

摩擦抵抗を限りなく減らし

加工精度を上げることにより

ベアリングにしっかりと仕事を

してもらい、如何にホイールを

軽く回す事ができるか

に拘ったシャフトなんだそうです。


ゼロポイントシャフトの写真2

ん〜

確かに手に取ると落っことしちゃいそうに

なるぐらいスベスベなシャフトです。

でもでも、シャフトがスベスベでも

ホイールへの差し込みが軽くなるだけで

実際回るのはベアリングです。

ホントに軽く回るのかな😏

ゼロポイントシャフトの写真3

純正と比べるとこんな感じ

って精度が良いかどうかは

見た目じゃ分かりません。

ゼロポイントシャフトの写真4

組み付け前に

最近お気に入りの

モリブデンコートスプレーを

シュッと一吹き

更に滑らかにホイールに

差し込めますよ👍

 

ゼロポイントシャフトの写真5

んで、コロコロと。

 

ん〜、止まる寸前の

一回りは余分に回るようになりましたが

ベアリング自体も一緒に交換しないと

効果は発揮出来ないと思われます。

 

クロモリシャフトなので剛性は

上がってます。

コロコロ度合いは

セラミックベアリングの方が感動的

でした。

こりゃ、ダブルで装着すれば

動き出したら止まらないバイクが 

出来るのかな😁

 

実車に装着した場合

ブレーキの引きずり等もありますので

思ったよりも軽く回らないケースも

出てくると思います。

ベアリングの交換方法によっても

本来の性能を発揮出来ない場合も

ありますのでとりあえず

うちのスポスタには

純正ティムケンのベアリングを

正しい交換方法で入れ替えて

様子を見たいと思います。

 

取扱は開始しましたので

気になる方は

ご相談くださいね‼️

 

ではでは。

皆さまのワンクリックが励みになります!

応援よろしくお願いいたします☆

↓ ↓ ↓

 にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ

 ☆にほんブログ村

一覧へ戻る