星野輪業

045-370-9180
MENU

ブログ

2022.08.30

暖機運転のお話し

暖機運転のお話しの写真1

どうもです。

涼しくなりましたよ

肉ツーでも行こうかな😁

 

さて、コレからの季節に

大事なのが暖機運転なんです。

よく、エンジン掛けるなり

ドバーッと出ていっちゃう方が

おりますが、

ハーレーは空冷エンジンですので

熱膨張を想定して

各部のクリアランスは大きめです。

な、もんですから

温めてから走行しないと

しっかりとした圧縮が起こらず

異常燃焼してしまいます。

すると…

異常燃焼により

一番弱いヘッドガスケットに

ピンホールが開いてしまい

高圧ガスが噴き出します。

 

エンジン掛け始めに

ペチンって聞こえてきませんか?

コレってピンホールから

圧縮が抜けてる音なんです。

 

初期は暖まれば

各部熱膨張して

音が収まりますので

そんなに気にはなりません。

 

ところが放っておくと

穴が広がり

加速時など負荷をかけた際に

吹き抜けます😵

 

画像のヘッドがその状態

 


暖機運転のお話しの写真2

近づいてみると

ヘッド面が溶けちゃってますよね

高圧高温ガスが噴き出しますので

脆く溶け出してしまいます。

暖機運転のお話しの写真3

肝心のガスケットもこんな感じ

紙切れみたいに

千切れちゃってます

暖機運転のお話しの写真4

もう、ボロボロですね

 

酷くなければ

ヘッド、シリンダーとも

面研に出せば使用できます。

 

ボッコリと持って

行かれているようですと

双方とも交換になっちゃいます。

 

もう、高額修理ですよね😭

 

 

すぐに走り出さなければ

ならない状況なら

負荷が掛からないように

回転を上げずに

そ〜と走り出してください。

出来ましたら

ロッカーを触って

チョット暖かいな〜

と、感じてから走行してくださいね😁

 

お気に入りのハーレーですから

大事に乗りましょうね👍

 

 

ではでは。

星野輪業ブログをご愛読くださりありがとうございます。

皆さまの応援が力になります!

👇ポチっとよろしくお願いいたします。

 

頼れるハーレーのお医者さん

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ

ハーレーメンテナンスガレージ

星野輪業

一覧へ戻る